SiteRescue(サイトレスキュー)お問い合わせ
不正ファイル、改ざんソース駆除
不正ファイル、改ざんソース駆除

Rid サービス

サービスの特長

・マルウェア(不正ファイル)の駆除
・改ざんソースの修正 (※1)
・不正ファイル設置によるWEBサイトの異常調査、アクセスログの調査
・WEBサイトをバックアップデータから復元 (※2)
・Google検索結果の正常化 (攻撃被害によるGoogle検索結果での警告表示、検索順位低下等を正常に戻ったことをGoogleに申請)
・マルウェアによるメールブラックリスト登録の解除
・不正ファイル、改ざんファイルソースの駆除後の検証

上記項目の実施し、WEBサイトを正常な状態に復旧いたします。

被害内容の一例

  • 改ざんされているかもしれない現象

    googleなどの検索結果の順位が著しく低下
    または、検索で表示できなくなった。

  • 改ざんされているかもしれない現象

    WEBサイトを検索した際、「このサイトは第三者によってハッキングされている可能性があります。」等、警告が表示される。

  • 改ざんされているかもしれない現象

    正常にWEBサイトが表示されない。

復旧までの流れ

復旧までの流れ

ご利用条件

■Telnet(SSH)を使用できるLINUX系サーバ (契約会社とプラン、ご加入オプションの有無等をお申し出いただけましたらお調べいたします。)
■FTP情報の開示 (※機密保持を誓約の上でFTP接続情報などをお預かりさせていただきます。)
■Googleウェブマスターツールへの登録 (設定ファイルをサーバ内に設置いたします。)

ご利用料金

  • 初期調査費

    (監視サービスをご利用頂いている場合は不要)

    15,000円
  • 不正ファイル、改ざんソース駆除費用
    60,000円~ ※改ざんが多岐にわたる場合、別途費用が発生する場合がございます。
  • バックアップデータからの復元

    ※ご提供データが有る場合

    10,000円 (別途 / 回)
※1)改ざん箇所特定に、バックアップデータが必要な場合があります。バックアップデータがない場合、改ざん箇所が特定できない場合があります。
※2)バックアップデータは、お客様よりご提供頂いたものを使用します。
※3)度重なる改ざん箇所の特定を行いますが、マルウェア(不正ファイル)設置・改ざんが多岐にわたる場合、全てを特定できない場合もございます。
※4)マルウェア(不正ファイル)、改ざんソース駆除にて別途費用が発生する場合は、調査結果ご報告時にお見積いたします。
※5)Googleへサイト正常化申請、メールブラックリスト解除は、正常に戻るまで期間を要します。(最低2週間~)
※6)駆除後のWEBサイト検証は、ランダム複数ページの表示確認のみ行わせていただきますので、その他の詳細な検証は、貴社にてご対応お願いいたます。
※サーバログをご提供いただけない場合、ログでの調査ができない場合もございます。
※CMS(コンテンツマネジメントシステム)等々のシステムを導入されており、バックアップデータがない場合、改ざんファイルと判断できない場合もございます。
※悪意のあるプログラム・マルウェアの動作を全て停止させますが、程度によって全ての改ざんファイルを駆除できない場合がございます。予め了承ください。
※ファイル改ざんの復旧は可能な限り行いますが、バックアップデータがない場合は、復旧できない場合もございます。
※バックアップデータからの復旧は、お客様より頂戴したデータを使用し復旧いたします。