SiteRescue(サイトレスキュー)お問い合わせ
WordPress(ワードプレス)保守
WordPress保守

Wp-Maintenance サービス

サービスの特長

WEBサイトが改ざんされてしまう要因の1つとして、WordPress(ワードプレス)の脆弱性が悪用される手口が報告されています。WordPressはオープンソースのソフトウェアの為、脆弱性が広く公開され、攻撃手段まで明らかになっている古いバージョンのWordPressなどは、標的の的となりやすく最も攻撃を受ける危険性があります。

WordPress保守(Wp-Maintenanceサービス)をご利用いただくことで、WordPress、WordPressプラグインのバージョン情報を管理し安全性をより高める、WordPress全般の保守をサポートするサービスをご提供いたします。

サービス実施項目

WordPressバージョンアップ

WordPressのバージョン管理を行い、WordPressの定期バージョンアップを行います。

プラグインバージョンアップ

WordPressプラグインのバージョン管理を行い、WordPressプラグインの定期バージョンアップを行います。
※WordPress・プラグインのバージョンアップは、合わせて月1回を目安に執り行わせていただきます。

WordPress テーマバージョンアップ (オプション)

必要に応じて、ご使用中のテーマのバージョンアップも可能です。 (※テーマのバージョンアップを行うには都度、別途費用が必要になります。)

セキュリティ強化

セキュリティを強化するプラグインの導入、初期アカウントの変更等を実施いたします。(※初期導入時)

初回導入時に実施する項目

バージョンアップ前データ バックアップ
WordPress &プラグインバージョンアップ
ご使用でない、テーマのバージョンアップ、もしくは削除
セキュリティ強化プラグイン導入、初期アカウントの変更
バージョンアップ後のページ検証

初回導入時には、データのバックアップを行い、万が一不具合が発生した場合でもバージョンアップ前に復元できます。

ご利用条件

■Telnet(SSH)を使用できるLINUX系サーバ (契約会社とプラン、ご加入オプションの有無等をお申し出いただけましたらお調べいたします。)
■FTP情報・WordPressログイン情報(管理者ドメイン)の開示 (※機密保持を誓約の上でFTP接続情報などをお預かりさせていただきます。)

ご利用料金

  • 初回導入費

    ※初回バージョンアップ、セキュリティ強化施策等

    50,000円
  • 月額 (最低3ヶ月~のご利用)
    25,000円
  • 年額
    240,000円 (20,000円 / 月)
  • オプション (都度、費用が必要になります。)

    WordPress 適用中テーマのバージョンアップ
    20,000円~

※バージョンアップにより脆弱性が完全になくなるものではありません。
※初回バージョンアップ前にエラーが表記されている場合は、別途ご相談の上、バージョンアップを行わせていただきます。
※バージョンアップ後の検証に関して、不特定ページの閲覧チェックを行います。
※万が一バージョンアップ後にページエラーが発覚した場合は、別途ご対応とさせていただきます。
※バージョンアップ後にWordPressのシステム面においてエラーが発生した場合は、バージョンアップ前に作成したバックアップに復元し、要因を調査しご報告をいたします。
 (エラー解消に関しては、別途ご相談とさせていただきます。)
※プラグインやWordPress公式テーマのカスタマイズ具合の状況によりバージョンアップができない場合もあります。